生活保護申請を行うことで苦しい生活を変えることが可能

サイトマップ

ハートの家族

生活保護申請から受給までの流れとは

安全安心のカギ

生活保護を受給することへの後ろめたさなどから生活保護申請をためらう人も多くいます。
しかし、一時的にでも自治体のサポートを受けて復活に向けて生活することは決して悪いことではありませんので、生活保護申請から受給までの大まかな流れをご紹介します。

生活保護申請にはまず、現在住んでいる地域の福祉事務所の生活保護担当の窓口で「相談」する必要があります。これは住所がある場所ではなく、今住んでいる場所の福祉事務所になります。
もし、現在ネットカフェで生活していたりして住所がない場合は近くの福祉事務所で構いません。

福祉事務所では仕事や住まいなどの現状を説明します。
これらの情報をもとに生活保護の条件を満たすか、生活保護制度以外の制度を活用できないかを確認し、条件を満たした場合に生活保護申請へと進みます。
生活保護の条件を満たす場合に申請書と同意書に必要事項を記入し提出すれば調査へと進み、特に申請者本人がすることはありません。
生活保護申請から原則14日以内に「保護開始決定通知書」か「保護却下決定通知書」のどちらかが手渡され、受給開始となります。
もし14日以上かかるようであればケースワーカーから連絡があり、遅くとも1カ月以内には電話か訪問で結果の報告がされます。

ピックアップ

一覧へ

お知らせ

»一覧へ

Copyright © 2020 生活保護申請を行うことで苦しい生活を変えることが可能 All Rights Reserved.